🥈ソーラーカーレース鈴鹿2021 チャレンジクラス準優勝

7月30-31日に開催されたソーラーカーレース鈴鹿2021に、Cabreoはチャレンジクラスへ出場し、過去最高順位の2位を獲得しました。

大会運営より、今年をもっての鈴鹿大会の開催終了がアナウンスされ、どのチームの最終戦に向けていつも以上に意気込んだ大会になりました。

新車体「みかん Gen.2」で迎えた最初で最後となる鈴鹿大会、大会当日までに様々な試練はありましたが、無事に本番を迎えることができました。

学生のころから参加しているソーラーカーレース鈴鹿、慣れ親しんだ車体も相まって、車検は大きなトラブルなく突破することができました。

受けたゼッケンナンバーは2019年大会と同じ #31でした。

フリー走行でも戦略がばっちりとはまり、本戦に向けた重要なデータを得ることができました。

迎えた決勝、Cabreoはスタートグリッドにのぼりを立てて、手旗を振る、SUPER GTかのようなファンサっぷりです。代表の趣味で、自腹でグッズ揃えてるので許してあげてください。

ちなみにCabreoには2人のレースクイーンがいます。今回の大会出場にあたって
「レースクイーンさ、浴衣で来たらいいんじゃない?」
と代表が思い付きで言い出したことが発端となり、本当にCabreoモチーフカラーの浴衣をそろえて華やかに応援してくれました。
今回の大会は感染症対策のためにピットに入れる人数が制限されていたため、スタンドからの応援になってしまいましたが、駆け付けてくれた応援団をしっかりと盛り上げてくれました。

レースはトラブルもなく順調に走行、規定のピットインも予定通りこなしました。
前半は雲行きが怪しく、ソーラーパネルの発電も少なかったことから抑えた走り、後半に一気に巻き返しを図り、チェッカーを受けるときには2位まで浮上、見事準優勝となりました!

ゴール時のCabreoピットクルーたちは、優勝チームよりも盛り上がってたと話題になった

Cabreoはみごと表彰台で最後の鈴鹿大会を締めくくることができました。

感染症対策の都合で、シャンパンファイトがなかったことだけが少し心残りでしたね。

今回の大会でこれだけの好成績を残せたことは、スポンサー様、普段から活動にご協力いただいているご近所のみなさま、アドバイスをいただける業界のみなさま、そしてクルーたちがCabreoで活動することにご協力くださるあたたかいご家族のみなさまのおかげであると感じております。
本当にありがとうございます。
鈴鹿の大会はこれで終幕となりましたが、新たな目標に向け、変わらず活動を続けてまいりますので引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

私事ですが、Twitterの投稿を引用しまして末筆といたします。

(2024年2月28日 執筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です